展示会デザインと来場者の心理

subpage1

展示会ブースにおける集客のためのデザインは、その会場に訪れる来場者の心理をよく見極めます。そしてその視点からデザインすることが大切になります。
来場者は、展示会にある新規の商品への興味、企業の先進性へのあこがれ、また新しいものに惹かれる気持ちをもちつつ足を運びます。

したがって商品や企業への親近感をもち、商品への購買意欲を内在させている状態の人も少なからず訪れていることになります。


こうした購入意欲をもつ層に向けての宣伝活動になりますから、いっさいについて最も効果的に購入へとサポートしていけるようにすべきです。

そのためには展示会ブースのデザインは重要といえます。


その商品の新規性や先進性、問題解決の視点など、来場者の欲しがる情報を明確に伝えられるようにします。



むしろ説明者抜きでそれが伝わるようなシンプルさとデザインの簡素さが求められます。

簡潔で洗練されたものほど的を射て来場者に伝わるものです。

そのほうがインパクトも強まります。
それに加えて詳細な情報を加味したパンフレットやリーフレットなどもすかさず手渡しできるように準備しておきます。

日本経済新聞の最新情報を紹介します。

こうした情報は後ほどじっくり目を通して再確認してもらったり、情報の再認識をする上で欠かせない情報になるからです。



これらの準備が整った展示会ブースには無駄がなく、伝えたい情報がすんなりと来訪者のもとへ伝わるものです。

そうした無駄や無理がない展示会デザインを心がけるとよいです。