日本語教師の養成をしています

私たちは日本語教師の養成をしています。
言語の教師というと英語がペラペラなイメージがないでしょうか。実は日本語教師というのは日本語を教えるので、英語が出来るよりも日本語が出来る方が大事なことがあります。

こだわるなら日本語教師の養成に関してお困りですか。

つまり国語の能力が重要なこともあるのです。
英語を訳す時にインターネットの翻訳でもきちんとした訳になることは多いですが、俗語の場合はそうはいきません。

つまり、コンピューターを使った方法というものは、なぜそのような言い方をするのかを説明できないのです。



ある意味ブラックボックス的なのです。
私たちは自然に日本語教師になれるように日本語の使い方を徹底的に指導して日本語の教師を養成します。
また、私たちは違う外国では文化の違いがあることを理解することが重要であると伝えています。
文化が違えば、言葉の成り立ちも違ってきますし、日本語を教える時の助けになってくれるはずです。
外国人は日本の文化をあまり重視していません。



ちょっと言葉が悪いですが、子供みたいにみているようです。


そういった事も実際に外国人との会話がなければ分かりません。
世界はいろいろな考え方をしている人がいて良いよという考え方が主流です。日本はみんなの考えている方が正しいという風な風潮が残念ながらあります。私たちは日本語教師に養成することを目的にしている学校ですから、あらゆる問題を考えるようなプログラムで指導しています。
ぜひ、私たちの学校で日本語教師を目指して欲しいです。