養成講座に通って日本語教師を目指そう

世界のグローバル化に伴って日本にもたくさんの外国人が暮らすようになりました。そのため日本語を学ぶ外国人が増えていますが、彼らの多くが利用するのが日本語学校です。一定期間日本語学校に通って集中的に日本語を学べば短期間で高い日本語能力を身につけることが出来ます。

そのため、日本語教師は今後も需要が見込まれる職業だと言えるでしょう。
日本語を教えるのに特別な資格は必要ありませんが、日本語教師として日本語学校等に就職したいのであれば日本語教師養成講座を受講することが推奨されています。

なぜなら、多くの日本語学校で養成講座の受講を条件としているからです。


また、養成講座を受講すれば日本語教育について幅広く学べるため高いスキルが身につきます。

正確な日本語を指導するためにはかなりのスキルが必要になるため受講しておくべき講座だと言えるでしょう。
日本語教師養成講座については様々な団体が開講していますが、その中でも文化庁が認めた講座を受講することが大切です。

日本語教師の養成に今、注目が集まっています。

文化庁認定講座であれば420時間単位取得などの厳しい条件が定められているため高いスキルを身につけることが出来ます。



認定講座を受講した後、財団法人日本国際教育支援協会が主催している日本語教育能力検定試験に合格しておけば日本語教師への道を大きく開くことが出来ます。

高いスキルを身につけておけば、たくさんの外国人に日本語と日本文化を伝えられる人材として社会に貢献することが出来るでしょう。