日本語教師の養成講座

日本語教師になりたい人にとってはどのようにしてなるか、迷うところです。
というのも教師になるには3つの方法があるからです。

日本語教師の養成が気になる方に必見の情報です。

その方法とは次の3つ。
大学で日本語を専攻する、学士を持ち420時間のコースを修了する、日本語教育能力検定試験に合格するの3つです。


大学を卒業する方法と試験に合格する方法はイメージがつきやすいでしょう。



どちらもそのまま文字通りのことを終えれば日本語教師となる資格が与えられます。気になるのは、420時間コースというものです。


これは民間の養成講座を修了することを表しています。

つまり養成講座で420時間のコースを受ければいいのです。



コースの内容は理論、実技、教育実習と日本語教師になるための科目が用意されています。これらの科目を修了すれば自ずと力をつけていくことができるでしょう。この養成講座は全国にいくつもあります。インターネットで検索してみても、有名な学校から専門的な学校まで幅広く養成講座が見受けられます。どれにするか迷ってしまいそうですが、費用や雰囲気などを基準にして決めるのが一つの方法です。


かかる期間はまちまちで、早くて半年、通常1年から1年半程度と見ておくといいでしょう。

これも人によってはかけられる時間に違いがあるでしょうから、自分の置かれている環境と照らし合わせてから決めるのがいいです。

時間を気にするのであれば、通学にかかる時間も無視できるものではありません。


通学時間も考慮するようにしましょう。