展示会のデザインと対応の在り方

subpage1

展示会で商品の宣伝をする場合には、ブースに説明者を装飾のひとつとして参加させる手法がよく使われます。

これもデザインのひとつの手法といえます。



コンパニオンを使う場合、企業のスタッフ、展示会委託業者が派遣する人材が行う場合もあります。
いずれにしてもその企業の伝えたい情報や、商品に関する案内が的確にできることが大事です。

その場でなるべく質問に答える方が良いですが、どうしても来訪者の質問によっては、企業に戻って調べたり確かめたりする場合もあります。

安心安全の朝日新聞デジタルについての情報をまとめたサイトです。

このような場合には連絡先をたずねて、そこへいつまでに返事をしますと伝えて、的確に丁重な返答をします。

来訪者によっては、様々な商品に関する情報を求めて訪れる方もいます。

この際に必要な情報を記したレポート類やパンフレット、リーフレット、試供品などを会場で手渡しできるとよいです。なかにはのちに送付することになる場合には来場していただけたお礼を加えるとよいです。
このような案内も含めて展示会のデザインの範疇といえます。

ブースでの丁寧な対応こそが企業のイメージを上げて、商品の販売促進へとつながる一歩となります。



展示会のデザインはその最初の一歩となる場といえます。
したがってそうした来場者が足を向けてもらえるブースデザインにしていくことが望まれます。


人が集い、親しまれる演出も時には必要になります。
そのようなイベントも含めて、人々がにぎやかに談笑するきっかけをつくる場が理想的な展示会ブースといえます。