展示会で求められるデザイン

subpage1

展示会において新商品の宣伝活動を行うことがあります。新商品のコンセプトがより明確に来場者に伝わるデザインとなり得ているか確認します。

その商品に織り込まれている主張は的確かどうかチェックします。



そして、その手助けをするのが展示会のブースであり、なかでも装飾です。
その主張がすんなり見学者に伝わるようになっているか的確かどうか調べます。それに関しては委託する業者との間で綿密な打ち合わせをして、試行錯誤を進めた結果、築き上げていくものです。


したがってその途上において必要な情報を提示してより深い理解のもとにデザイナーの手で作られます。
その際に、展示会ブースの案では、意図したものと違ってくることがよくあります。

その際には迷うことなく指摘して、デザイナーの意図を尋ねるなり、よりふさわしい方向へ軌道修正するなりします。


この過程においてより新商品の特性がはっきりしていくことになります。


ここがぼんやりとはっきりしないときには、その理由を見つけて改善を図ります。

デザインのどこかに問題があるか明らかにしてそこを修正します。

Yahoo!ニュースの情報をお知らせします。

新商品に関しては、その商品が先鋭的で先駆的なものであるほど、前例のないデザインを行うことになります。



したがってそこはチームの協力により、形のあるデザインとしていきます。

こうした試行錯誤の過程を経て、ブースのデザインが完成していきます。

念入りに築き上げていくことを通じて、宣伝効果の高いブースが出来上がります。