展示会のデザインのポイント

subpage1

新商品を展示会ブースで宣伝することがあります。



その場合には多くの企業が展示について専らサポートする業者に展示ブースのデザインを委託することがよく行われます。

委託する際には新商品に関する情報を業者に開示します。当該展示会に用いる商品の説明の機会となる打ち合わせを繰り返し行います。

YOMIURI ONLINEの特徴をご紹介するサイトです。

この打ち合わせをしっかりと念を入れて行うほど、ねらい通りの展示ブースを作ることができます。加えて設営や運営に関してもノウハウを業者からもらうことになるはずです。

したがって委託する業者のデザイナーに新商品に関して理解してもらえるように説明を行います。



そうすることで的を射たブースのデザインとして仕上がることでしょう。
業者は展示会を訪れる人々の動向に関しては細心の注意を払いデザインを行うことが通例です。
同業他社と同じ会場でデザインを競うことになりますから、見劣りするようなことがあってはならないことになります。それだけに委託する側の企業も、この業者に委託してよいかどうかは、以前や他の会場で、この業者が携わったブースの状況などをしっかり把握したうえで業者を選ぶことも大切です。

しかもその業者との意思の疎通のよさを維持していくことも展示会を成功させるうえで重要といえます。
良いデザインはその信頼関係があってこそ築かれるものと心得ておくと間違いありません。
協力関係がしっかり形成されてこそ、展示会の設営、運営における集客などの目的が果たせ、必要な宣伝効果が得られることにつながっていきます。